国別生産者一覧

フランス

オーストリア

ドイツ

イタリア

スペイン

アルゼンチン

ポルトガル

ハンガリー

クロアチア

モルドヴァ

ルーマニア

オー・ペシェ・グルマンさん|ワイン&料理 お客様訪問リポートVol.17

ハチミツの甘み、ハーブの香りが
食欲をそそる豚のスペアリブは
シラーの香りと合わせて。


「温かいシェーブルチーズのサラダ」(1600円)や「鴨のリエット」(900円)、「本日のスープ」など、フランスのビストロさながらのメニューを食べられるのが、東京・笹塚にある「オー・ペシェ・グルマン」さんだ。オープンキッチンのカウンター席が主体、客単価は5000円と手ごろなことから「大人が気楽にくつろげる店」として、地元のお客にも人気が高い。
「食いしん坊の罪」という店名は吉澤さんが修業した、ローヌ地方、コンドリューのレストランのシェフに名付けてもらったという。ローヌ近郊のリヨン料理が豊富に揃っているのも特徴。人気の日替りメニュー「豚スペリブのロースト」(2200円)にも、リヨン地方のチーズ、セルベル・ド ・カニュのソースが添えられている。合わせたワインは、ラングドック地方ミネルヴォワの「シャトー・クープ・ローズ」。「華やかで味わいがしっかりしているが、飲み疲れしないところがいいですね」と、吉澤さんも気に入っている。

仕事帰りにきちんと食事が食べられ、大人がゆっくりできる
「町の食堂」のような店でありたいです。

オー・ペシェ・グルマンさんで飲めます!

キュヴェ オリエンス(シャトー・クープ・ローズ)
凝縮度が大変に高く、スケールが大きく、たくましいミネラルを分厚い果実味が多い、旨みがゆっくりと広がり、適度なエッジのあるタンニンが引き締める、肉料理に対して汎用性が高いワイン。高い標高とシラー主体という品種構成ならではのハーブとスパイスの抜けのよい香り。

他にもおいしい、こんなワイン

グリューナー ヴェルトリーナー アルテ レーベン カンプタール DAC レゼルヴェ(ヴァイングート・アロイス・ヘレラー)
レモンの花のハチミツのようなフルーティさと軽やかなハーブやスパイスのアクセントが心地よい香り。脂肪のおいしさを引き立てる、低めの酸とふっくらした広がり感と重心の低いコクのある味わいと高いアルコールがもたらすエネルギー感がある。

ラクリムス クリアンサ(ヴァル・サンジ)
強いアタックのあと、ぐいっと口中で沈み込み、ずっしりと胃袋に落ちていく、大きな塊肉の料理にふさわしいワイン。密度の高い黒系果実と飲み込んだ後に鼻に抜ける黒コショウ的な香り。料理の脂肪と結びつく強めのタンニンとフレッシュだがキリキリとしない酸。


オーナーシェフの吉澤美智子さんと、スタッフの橋本美澄さん。

店内

【所在地】
オー・ペシェ・グルマン
東京都渋谷区幡ヶ谷2-24-2 1F
●Phone 03-6276-6332
●月〜土18:00〜23:00LO、日・祝
18:00〜22:00LO
●木、第三水休(変更のこともあり。要問い合わせ)


伊藤由佳子=文・構成 | 田中克幸=ティステイング
Posted in お客様訪問リポート | Tagged , |