国別生産者一覧

フランス

オーストリア

ドイツ

イタリア

スペイン

アルゼンチン

ポルトガル

ハンガリー

クロアチア

モルドヴァ

ルーマニア

ボングー・ノウさん|ワイン&料理 お客様訪問リポートVol.12

噛みごたえがあって凝縮した
味わいの鹿肉には、濃厚な果実味と
上質な酸のあるバルベーラがおすすめ。

東京・渋谷の宮益坂近くにある「ボングー・ノウ」さん。「普段使いのレストラン」をコンセプトに掲げ、ワインとともにくつろいだ雰囲気でフランス料理を楽しめる。フロアは一人客も多いカウンターとカフェ風の内装のテーブル席の2タイプ。
ソムリエールの五十嵐伸枝さんは、お客様がそれぞれの特徴を楽しめるように、ワインの品揃えも変えている。テーブル席は日本とフランスのワインを中心にフルボトルで3500円からの品揃え。ワインになじみの少ないお客様も訪れるスタンディングはニューワールドのワインも加え、2500円から提供している。「味わいがかぶらないように、できるだけ品種の異なるワインを揃えていますが、どちらでも果実味があって飲みやすいタイプは人気です」と五十嵐さん。今回は、渋味がこなれたバルベーラを鹿肉と合わせてすすめてくれた。

ボングー・ノウさんで飲めます!

バルベーラ ダルバ 2009(カシーナ・グラモレーレ)
しっかりとした噛みごたえのある肉の凝縮した味わいを受け止める力強いワイン。きわめて緻密で張りのある筋肉質の質感、甘く濃厚な果実味、しなやかで清潔、安定した上質な酸、後味を引き締めるスパイシーさというすべての要素がみごとに連関し合って、食後感は爽快だ。

他にもおいしい、こんなワイン

ブルゴーニュ コート ドセール 2006(ドメーヌ・グラン・ロシュ)
重心が低く芯は強いながらも、味わいは軽快で力の外し具合のセンスがすばらしい。長い余韻が上方へと消えていく姿が上品で、鹿肉とよい相性を生む。高密度な赤系ベリーのピュアな果実味と、適度な鉄っぽい風味と、きめ細かくも緊密なタンニンとハツラツとした酸も魅力。


カスティーヨ デ モンドゥーズ クロ ドゥ ラ ガレーズ 2009(フィリップ・ヴィアレ)
しなかやかで、料理とより添うように温かく、しかも不思議にさえざえとした気配がある魅惑的なワイン。赤味肉のアクセントとなる、スパイスやハーブ、野イチゴの香りに、適度な血の風味。最初は軽やだが最後は堂々とした威厳があり、重心は中心から下に安定する。

経営母体は「キッチン・セロ」
なども手がける㈱東美。
女将の岩倉久恵さん(左)と
ソムリエールの五十嵐伸枝さん。
店内

【所在地】
ボングー・ノウ
東京都渋谷区渋谷1-10-12 宮城ビル 2F
●Phone 03-5464-0858
●17:00~翌2:00LO(スタンディング~2:30LO)
●無休


伊藤由佳子=文・構成 | 田中克幸=ティステイング
Posted in お客様訪問リポート | Tagged , |