国別生産者一覧

フランス

オーストリア

ドイツ

イタリア

スペイン

アルゼンチン

ポルトガル

ハンガリー

クロアチア

モルドヴァ

ルーマニア

遠藤利三郎商店さん|ワイン&料理 お客様訪問リポートVol.6

東京・押上のワインバー「遠藤利三郎商店」さん。「下町の人達に、気軽においしいワインと料理を味わって欲しい」と、ワイン学校の講師でもある遠藤誠さんが、2009年にオープンした。800種類以上というワインの品揃えは圧巻。店内の片側の壁一面にボトルが並んでおり、すべて希望小売プラス1050円と手ごろな価格だ。
夜七時過ぎともなると、店内はほぼ満席。ワイン好きのお客だけではなく、遠藤さんの狙い通り、地元の年配客が寛いでワインを飲んでいる。セレクトはたいてい、店長の斉藤亮一さんにお任せだ。「ワインの平均価格は4000円前後。品質やコストパフォーマンスの高さから、スペインのワインにも注目しています」。
じっくりと煮込んだ人気メニュー「牛タンの赤ワイン煮込み」に合わせたのもスペインワインの『レイシス』だった。

「遠藤利三郎商店」さんで飲めます!

レイシス1 1998(ボデガス・サン・アレハンドロ)
トマトのきいた古典的デミグラス・ソースの濃厚なコクと甘さと香りの強さに負けない、熟した赤い果実の風味と凝集したエネルギー感と適度に華やかなスパイシーさ。しかしタンニンの心地よい固さと酸の力強さもあるため、余韻はむしろ爽やかにまとまる。

他にもおいしい、こんなワイン

コートデュローヌ・ヴィラージュ ヴィサン・ル・デヴェス2008(ドメーヌ・ラ・ガントランディ“オリヴィエ・キュイエラ”)
果実味はあるがジャミーさは皆無。全体をすがすがしくまとめるきれいな酸、細かいが浸透力のあるタンニン、清涼感を与えるプロヴァンスのハーブや生コショウの風味。軽い肉の煮込み料理に、上品さを与えるための最適なワインだ。

エル・カヤド2008(マルティン・コダス)
豊かな果実味とエキゾチックな花の香りを振りまきつつ、白コショウや青唐辛子の絶妙なスパイシーさ、勢いのある酸と硬質なタンニンが全体をうまく引き締め、軽やかな余韻に導くダイナミックなおいしさがある。重心は低いが、味わいは重たくないのが素晴らしい。

左から店長の斉藤亮一さんと料理長の久下博之さん。オープンキッチンに立つシェフの久下さんは、ボリューム感があり、ワインの飲みたくなる料理を次々に繰り出している。

店内

遠藤利三郎商店
東京都墨田区押上1-33-3
Phone 03-6657-2127
18:00~23:00LO
無休
http://endo-risaburou.com/


伊藤由佳子=文・構成 | 田中克幸=ティステイング
Posted in お客様訪問リポート | Tagged , |