国別生産者一覧

フランス

オーストリア

ドイツ

イタリア

スペイン

アルゼンチン

ポルトガル

ハンガリー

クロアチア

モルドヴァ

ルーマニア

Ardoakさん|ワイン&料理 お客様訪問リポートVol.29

洗練されたスペイン料理と
カウンター越しの接客がお客さまを魅了する

ここ数年間のスペインバルの台頭は著しいが、スペイン料理を落ち着いて食べられる店はさほど多くない。

代々木上原の「アルドアック」は、郷土料理とモダンな料理の2種を提供する数少ないレストランだ。

オーナーシェフの酒井涼さんは、2012年にこの店をオープンした。

ビルの2階と、あまり目立たない立地ながら、女性客を中心に連日にぎわっている。

オープンキッチンの店内は、カウンター8席のこじんまりした造り。

「一人で切り盛りできるよう、当初から小規模な店を考えていました」と酒井さんは語る。

メニューやワインリストはなく、コース2種類のみの設定だ。

3ヵ月ごとに地方が変える「伝統料理コース」5000円と、旬の食材を使い、酒井さんのアレンジを加えた「デグスタシオンコース」7500円がある。

それぞれのコースに合わせ、5000円と6500円でワインのペアリングコースも勧めている。

「スペインワインはまだ知名度が低いので、リストがあっても説明が必要。

それならば、お客さまとお話をしながら、合うワインをお出ししても同じかと」と、酒井さん。

郷土料理を忠実に再現するコースもよいが、著名なスペイン料理店で7年間修業した酒井さんのセンスが光るのは、デグスタシオンコース。

写真のように華やかな盛りつけと繊細で深い味わいのひと皿ひと皿が、お客さまを魅了している。


オーナーシェフの酒井涼さん。まじめな人柄がお客さまを惹きつける。 


デグスタシオンコースのひと皿「スペシャリテ ピキージョピーマンの詰め物」。バスク料理のアレンジで、赤ピーマンにタラとエビのムースを詰め、数種類のソースを添える。付け合わせのマッシュルームは生ハムを詰めたオーブン焼き。詰め物のクリーミーさや赤ピーマンの香り、キノコの香ばしさが、余韻の長いロドリゲス・サンソの「ソーブレ・リアス」と合わさると、驚くほど豊かな味わいと調和を感じさせる。


店内はカウンター席のみ。代々木八幡駅か代々木公園駅から徒歩3分だが、少しわかりにくい立地。目的客か周辺の住宅地の常連客が多い。


ヴィーニャ・サンソ・ソーブレ・リアス(ヴァルサンソ)
AOC等:DO ルエダ
色:白 容量:750ml
種類:スティルワイン
希望小売価格:2,980円(税抜)
品種:ヴェルデホ100%

田中克幸=テイスティンク


店舗情報
Ardoak(アルドアック)
東京都渋谷区上原1-1-20 JP ビル2F
TEL 03-3465-1620

Posted in お客様訪問リポート | Tagged |