Azuma Corporation

ベッカッチャイア・IGT・トスカーナ
Beccacciaia IGT Toscana

商品番号 103463

生産者ページ アジェンダ・アグリコラ・パクラヴァン・パピ
ヴィンテージ 2009
容量 750ml
種類 スティルワイン
タイプ フルボディ
イタリア
産地 トスカーナ
原産地呼称等 IGT トスカーナ
アルコール度数 15.00度
JANコード 8033891330033
希望小売価格 4,100円(税抜)
カタログページ
88ページ(最新号のページです)
品種 メルロー100%
画像URL 高解像度写真はこちらからどうぞ

15ヶ月間の樽熟成。熟成香と芳醇さが際立つ一品

ベッカチャイアは地中海からの海風が通る南向きのゆるやかな斜面に埋まっているメルロー100%で作られる赤ワイン。1999年にフランスのクローンを植樹。栽培面積は約2ヘクタール。株密度は1ヘクタールあたり5,500本。 湖水性の粘土をベースに火山性の礫岩が混じる、この生産者の区画ならではの土壌。乾燥した土壌から充分な水分と養分を葡萄に与えるように、6-8つの芽のみを残し凝縮度を高めるように剪定をして凝縮度を高めています。醸造の後、ミディアムトーストのフレンチ、またはアメリカンオークを使用。新樽1/3、一度使用した樽を1/3、二度使用した樽を1/3使用し14-16ヵ月熟成。チェリーと凝縮したメルローならではの黒スグリの香りが滑らかで豊かなタンニンとアルコール感と調和している仕上がり。ミネラル豊富なこの生産者の土壌ならではの複雑なトーンを表現しているフルボディ。

〜テイスティングコメント〜

メルローならではの黒スグリの香りが滑らかで豊かなタンニンとアルコール感そして熟成香が調和しているフルボディ。
平均樹齢 1999年に植樹。
土壌 湖水性の粘土をベースに火山性の礫岩が混じる、この生産者の区画ならではの土壌。
仕立て方 グイヨ。株密度は1ヘクタールあたり5,500本。
畑の特徴 地中海からの海風が通る南向きのゆるかやかな斜面
マセレーション 温度管理を行い15日間
熟成(樽)、熟成期間 フレンチ、またはアメリカンオークを使用。新樽1/3、一度使用した樽を1/3、二度使用した樽を1/3使用し14-16ヵ月熟成。
ノート ベッカチャイアとは鳥の「ヤマシギ」(英名:Wood Cock)のことです。フランス料理でも高級食材として使われています。また、パクラヴァンパピ周辺の農民の名字としても、使われていることがあります。