Azuma Corporation
自然派 > オーガニック

カスティーリョ・デ・エンゲラ・クリアンサ
Castillo de Enguera Crianza

商品番号 103792

生産者ページ ボデガス・エンゲラ
ヴィンテージ 2011
容量 750ml
種類 スティルワイン
タイプ ミディアムボディ
スペイン
産地 バレンシア
原産地呼称等 DO バレンシア
アルコール度数 14.00度
JANコード 8437004217028
希望小売価格 1,480円(税抜)
カタログページ
105ページ(最新号のページです)
品種 モナストレル50%テンプラニーリョ30%シラー10%メルロー10%
画像URL 高解像度写真はこちらからどうぞ

エネルギッシュな果実感と樽のフレーヴァ—の調和が見事です

ボデガスエンゲラは1999年にスペイン南西部のエンゲラの地で設立された比較的新しいボデガです。こちらで造られるワイン達はほぼ有機栽培で造られており、ヨーロッパにおける自然派志向の流れをいち早く取り入れたボデガのひとつであり、まさに新進気鋭なワイナリーと言えるでしょう。このワインも樹齢30年を越えるモナストレルを中心に、有機栽培を実践している畑で栽培されたブドウを100%使い仕込まれました。アメリカンオーク樽にて熟成をされます。香りは熟したプルーン、ブルーベリーのコンポートやラズベリーを感じさせます。味わいはスムースでバランスが取れています。非常にパワフルで余韻が長いのが特徴です。

〜テイスティングコメント〜

熟したプルーン、ブルーベリーのコンポートやラズベリーを感じさせ、味わいはスムースでバランスが取れています。
平均樹齢 30年
土壌 エンゲラ村周辺の赤土に覆われた土壌。
仕立て方 コルドン・ロワイヤル
収穫量 70hl/ha
マセレーション 収穫後3~5℃の低温でコールドマセレーションをさせることにより、葡萄のアロマを保ちつつ果皮からアントシアニンを含む色素を抽出。この間発酵は行われていません。
発酵、発酵温度 コールドマセレーション終了後、約20日間ステンレスタンクにて発酵。その後、ハンガリー産オーク、アメリカンオークにて6か月間熟成。ボトリング前に再度ステンレスタンクにて-4℃に冷やす、スタビリゼーションを行います。