国別生産者一覧

フランス

オーストリア

ドイツ

イタリア

スペイン

アルゼンチン

ポルトガル

ハンガリー

クロアチア

モルドヴァ

ルーマニア

ドメーヌ・ラ・グランジェット

Domaine la Grangette

ドメーヌ・ラ・グランジェットは、モンペリエの南西40kmに位置する、カステルノ=ド=ゲール村(人口1100人程度)にあります。50haある畑の多くは、ライムストーンを中心に、泥灰土、砂岩により構成されています。周りには、南仏のやせた土地によく見られるローズマリーやタイムなどのガリーグが多くみられ、ワインからもその香りがほのかに感じ取ることができます。
オーナーのモレ氏の意思により、リュットレゾネによる葡萄の栽培を続けており、機械化により効率性を追求することはなく、土壌のポテンシャルを増加させることにより、健全なブドウを育成しています。
~ラングドックの地場品種を頑なに守る産地~
南仏、ラングドックの中心であるモンペリエの街から海沿いに電車で約30分。
『ピクプール・ド・ピネ』は地中海に面し、別名『ラングドックのヴェネツィア』と呼ばれているS_te(セット)の街から程近い場所に広がるアペラシオンです。また、アペラシオンの名前にもなっている品種・ピクプールをはじめ、ラングドック固有の地場品種が栽培されている場所です。

その他の写真はこちらからご覧頂けます。 ※新規ウインドウが開きます。

白

ロゼ