国別生産者一覧

フランス

オーストリア

ドイツ

イタリア

スペイン

アルゼンチン

ポルトガル

ハンガリー

クロアチア

モルドヴァ

ルーマニア

ラ・プティット・コマンドリ

La Petite Commanderie

ラングドックの中で最も規模の大きいAOCで、多様性のある土壌や気候を持つ地域として知られているコルビエールの中で最も西、ナルボンヌとカルカッソンヌの間にあるモンローというエリアに4haの畑を所有しています。北はアラリック山地、南は台地に閉ざされており、地中海性気候と大陸性気候の影響を同時に受けるという恵まれた環境にあります。 以前はカルカッソンヌの南東20kmの場所にあるロックネガード(Roquenégade)にあるドメーヌで働いていたステファンさんは15年ほど前にこの地に葡萄畑を買い、自身の手でカーヴを建て、ほぼ1人でワイン造りを始めました。畑の環境が整うまでは土の浸食や赤クモの被害などに悩まされて大変だったそう。しかし化学合成薬品を使うのを止めたことで野生の植物が育つようになり、それらの悩みはなくなりました。2007年から有機農法を実践しており、土の持つ力を最大限に活かした農法を実践しています。 葡萄はすべて手摘みで全房醗酵。ノンフィルターでコラージュも行いません。「自分の手が道具」と話す彼の人柄が表れているワインです。

その他の写真はこちらからご覧頂けます。 ※新規ウインドウが開きます。

赤