国別生産者一覧

フランス

オーストリア

ドイツ

イタリア

スペイン

アルゼンチン

ポルトガル

ハンガリー

クロアチア

モルドヴァ

ルーマニア

パオロ・ヴェンチュリーニ

Paolo Venturini

創業は1955年。現当主であり2代目のパオロ氏が1978年に会社を相続。当時3haだった畑を徐々に増やし現在は18haを所有。白用の畑は2ヵ所。Pradisプラディスと呼ばれる特別区画に3haと彼の自宅のすぐ後ろに広がる10haのbosc di sotボスク ディ ソットと呼ばれる区画。地質はponcaポンカと呼ばれる、ここが昔海だったころの堆積土壌が固まった石灰を含む泥灰石。これが細かくなってmarne arenarieマルネ アレーナアリエと呼ばれる土壌を作っています。ブドウの樹の仕立てはシングルグイヨ。フリウリではこの地方独特のヴォーラと呼ばれる湿気を含んだ海風からブドウを守るためブドウをとても高く仕立てており全長は180~200cm。ブドウも地上70~80cmのところに実っています。
■畑への取り組み
畑には硫黄と銅を除き一切殺虫剤、除草剤、化学肥料の類は使いません。これは彼がワイナリーを継いだ1978年以来一貫して続けています。
~先祖伝来のDNAを持つブドウをリスペクト~
ボスク ディ ソットの高台には1931年に混植で植えられた、樹齢80年の畑があります。この畑はブドウを収穫するための区画ではなく、畑に植えるための苗木(マサールセレクション)を取るために残しています。
昔この地方は品種ごとにブドウを育てる考えがなく、皆混植していたそうです。伝統をリスペクトする彼はクローンを使わず、当時のブドウを再現してワインづくりに臨んでいます。

その他の写真はこちらからご覧頂けます。 ※新規ウインドウが開きます。

白