国別生産者一覧

フランス

オーストリア

ドイツ

イタリア

スペイン

アルゼンチン

ポルトガル

ハンガリー

チェコ

クロアチア

モルドヴァ

ルーマニア

スカラムーチャ

Skaramuca

「アドリア海の真珠」と謳われる世界遺産の都市・ドゥブロヴニクの北側にあるペリシャッツ半島は中央・南部ダルマシア地方でのワイン造りの拠点となっている、アドリア海ではイストラ半島(イストリア半島)に次ぎ2番目に大きな面積がある半島です。

スカラムーチャはペリシャッツ半島の中でも最も優れた葡萄を収穫することができるディンガッチ(Dingač)で代々に渡り、葡萄栽培をしてきた家族が営むワイナリーです。ワイナリーの設立は1992年。クロアチアの法律で、個人が葡萄栽培に加えてワイン造りを許可したことを機にイヴォ氏がワイナリーを立ち上げ現在に至ります。イヴォ氏はワイナリー立ち上げ後も、石がゴロゴロとした傾斜の厳しい斜面に、手作業で地場品種のプラヴァッツ・マリを植樹し続けて栽培面積を広げてきました。アドリア海に面し、イヴォ氏が「息を呑むような美しい楽園」と表現するディンガッチエリアとポストゥップ(Postup)エリアを中心に25haを所有。南向きで乾燥した石灰質土壌の畑ではローズマリー、ラベンダー、セージ、そしてイモーラルなどのハーブ類が自生。病気が出ずに害虫が自然と寄らない環境のため化学肥料は未使用。無灌漑、仕立はゴブレ。全て手摘みで収穫をしています。

現在、ワイナリーはオーナーのイヴォ氏とその妻・ジャスナさんを中心に、息子のイゴル氏が醸造を担当。娘のイヴァナさん、その夫・ブラニミール氏が品質管理と流通を担当。イゴル氏の妻・ファニーさんがワイナリーの広報を担当。強い日差しと、急な斜面での作業。勤勉さと自然に向き合う忍耐力。自分たちの住む土地に対する想いと愛情を、葡萄栽培とワイン造りに注いでいる生産者です。


クロアチア黒葡萄の王と言われる葡萄品種=プラヴァッツ・マリ(Plavac Mali)

クロアチアの海沿い、中央・南部ダルマチア地方で広く栽培れれている葡萄品種・プラヴァッツ・マリはトリビドラグ(Tribidrag)とドブリチッチ(Dobričić)の掛け合わせで生まれた品種。プラヴァッツ・マリの片親であるトリビドラグは、かつてクロアチア海沿いのダルマチア地方で広く栽培されてきた品種であり、場所によってはプリビドラグ(Pribidrag)、ツールイェナック・カステランスキー(Crljenak Kaštelanski)とも呼ばれています。同じDNAを持つイタリアのプリミティーヴォは1799年に、カリフォリニアのジンファンデルは1837年に初めて文献に登場。そのため、すでに15世紀から記録のあるトリビドラグは、この2つの品種のオリジナルとされています。トリビドラグは19世紀後半にヨーロッパで広がったフィロキセラで激減。その代わりに、病気に耐性があり、地中海性気候の暑く乾燥したこの土地に適した交配品種であるプラヴァッツ・マリが代わりにダルマチア地方を代表する葡萄品種として栽培されるようになり、現在に至ります。クロアチア語のPlavo=青い、Mali=小さなを語源とするプラヴァッツ・マリは、ドライフルーツ、ブラックベリやプラムなどの熟した豊かな香りと、黒胡椒などのスパイスのニュアンス。糖度が高く、タンニンも豊富。豊かな香りとエレガントさ、スケール感のあるワインを生み出しクロアチア黒葡萄の王とも呼ばれています。

その他の写真はこちらからご覧頂けます。 ※新規ウインドウが開きます。

赤

    • プラヴァッツ[2015]

    • 原産地呼称等:ダルマチア
    • 色:赤 容量:750ml
    • 種類:スティルワイン
    • 希望小売価格:2,200円(税抜)
    • 品種:プラヴァッツ・マリ100%

    • JAN:3859888214026
    • ポストゥップ[2013]

    • 原産地呼称等:ダルマチア
    • 色:赤 容量:750ml
    • 種類:スティルワイン
    • 希望小売価格:3,800円(税抜)
    • 品種:プラヴァッツ・マリ100%

    • JAN:3859888214347
    • ディンガッチ・クラシック[2013]

    • 原産地呼称等:ディンガッチ
    • 色:赤 容量:750ml
    • 種類:スティルワイン
    • 希望小売価格:4,400円(税抜)
    • 品種:プラヴァッツ・マリ100%

    • JAN:3859888214019