国別生産者一覧

フランス

オーストリア

ドイツ

イタリア

スペイン

アルゼンチン

ポルトガル

ハンガリー

チェコ

クロアチア

モルドヴァ

ルーマニア

ギリシャ

ポーランド

アドリア・ヴィンヤーズ

Adoria Vineyards

アドリアヴィンヤードがあるのは、ポーランド4番目の都市ヴロツワフの南西25kmのザホヴィツェ村。ワイナリーの当主は米国、シアトル生まれのマイク・ホイットニー(Mike Whitney)氏です。「アドリア(ADORIA)」というワイナリーの名前は、娘のヴィクトリア(Victoria)さんと息子のアダム(Adam)くんの名前が由来です。
ホイットニー氏がシアトルからポーランドへやって来たのは1994年、彼が25歳の時でした。1年間の英語教師の経験や、建設会社で勤務しながら過ごした7年後、ワイナリーを開業したのが2001年のことです。
彼の叔父はオレゴン州立大学で農学を学んでいたため、叔父の助けを得ながらポーランドの過去40年間の降雨量や気温、土壌を調査・研究しました。その結果で得た統計と科学的な判断に基づき、ブドウ栽培に適した場所を300ヵ所以上の候補地からザホヴィツェが最適と判断するまでに1年半かけました。
アメリカやトスカーナのシエナ大学のコンサルタントや他の分野の専門家にも相談。ブドウの生育やワイン造りに関する研鑽を積みました。ヨーロッパ各地のワイナリーを訪問し、理想的な機材を購入しても、ポーランドはワイン製造と販売の前例が少なく、たいへん苦労してワイン免許を取得したとのことです。
所有する畑は8ha。栽培品種はピノノワール、リースリング、ミュラートゥルガウ、バッカスなど、おもにフランスやドイツで多く栽培されている品種です。現在では国際的な賞を多く受賞し、世界の国際市場で通用するポーランドを代表するワイナリーになっています。ポーランド国内では、遅れて彼らの功績を認知することになり話題になりました。まさにポーランドのワインの歴史の始まりの立役者といえる生産者です。

その他の写真はこちらからご覧頂けます。 ※新規ウインドウが開きます。

白

赤

    • ピノ・ノワール[2017]

    • 原産地呼称等:ザホヴィツェ
    • 色:赤 容量:750ml
    • 種類:スティルワイン
    • 希望小売価格:3,800円(税抜)
    • 品種:ピノ・ノワール100%

    • JAN:5901549226096