国別生産者一覧

フランス

オーストリア

ドイツ

イタリア

スペイン

アルゼンチン

ポルトガル

ハンガリー

チェコ

クロアチア

モルドヴァ

ルーマニア

ギリシャ

ポーランド

カルピヌス

Carpinus

17世紀から続くカルピヌスがあるのは、ハンガリーの北東部でスロヴァキアとの国境にある世界三大貴腐ワインの産地として有名なトカイ。このエリアの最南端のトカイ山の麓の西側に位置します。Edit氏とIstv_n氏の兄妹でワイン造りを行なっている家族経営で、2人ともハンガリー国外で修行を積んでいます。フランスやドイツ、アルゼンチンなど世界に名だたるワインの本場に出向き、大手ワイナリーで研鑽を重ねました。
Editは12歳からワイン造りに参加。収穫前にして病に倒れた父親に代わって兄妹だけで収穫したのがきっかけでした。「この美しい畑と葡萄を自分たちの手で守ろう」と兄妹で力を合わせてワイナリーを受け継ぐこととなったのです。彼らの信念は「家族と協力しあい、良い葡萄を育てるためには努力を惜しまずトカイで一番となること」で、葡萄の生育状況を細かく観察し記録する毎日を送っています。
所有する畑は7つの区画に合計10ha。栽培品種は、フルミント、ハールシュレヴェリュ、ソーヴィニョン・ブランです。トカイ山の火山活動は人類の祖先が生まれたとされる600万年前から起こっていたといわれ、長い歴史の間に形成された土壌はそれぞれ性質が異なり、流紋岩、安山岩、凝灰岩、レス、重たい粘土などさまざまです。たいへん複雑なテロワールを活かすため、全面的にオーガニック栽培を取り入れ、トカイではプルミエクリュと同等のレベルに達する畑として評価されています。
「上質のワイン造りは健康な葡萄を育てることから始まる」を理念にかかげ、甘みや酸が美しく調和するエレガントなワインを造るために、収穫時期を3回に分ける工夫もしています。

その他の写真はこちらからご覧頂けます。 ※新規ウインドウが開きます。

白