国別生産者一覧

フランス

オーストリア

ドイツ

イタリア

スペイン

アルゼンチン

ポルトガル

ハンガリー

クロアチア

モルドヴァ

ルーマニア

LEONE MARCIANOさん|ワイン&料理 お客様訪問リポートVol.28

本場の内装、本物の味わいで
「特別な時間」を演出するイタリアン

2012年にオープンした「レオーネ マルチアーノ」は、横浜のみなとみらい駅から徒歩3分。

地元の常連客を中心に、高い人気を誇るイタリアンレストランだ。

週末にはウエイティングが出るほどにぎわう。

「わざわざイタリアに行かなくても、現地さながらの雰囲気と本物のお料理、ワインを存分に楽しんでいただける店でありたい」と、ソムリエの岡田周子さんは語る。

店の入口はヴェニスの居酒屋「バーカロ」、店内はヴェニスの宮殿「パラッツオ」をイメージして造られており、調度やタイルは直輸入品。

エスプレッソマシンもヴェネト州から輸入して、本場の味わいを演出している。

メニューは「本物のイタリアを食べつくす」とのテーマで、郷土料理を中心に構成される。

アラカルトで、1700〜4500円、コースは6400円と1万円の2種類だ。

都内の名店や横浜のホテルで料理長を勤めたパオロ・マッツィーニさんが腕をふるっている。

看板メニューはパスタ。

粉と水の配合を調整しながら、マシンを使わずに綿棒で生地を伸ばして作る。

ソースとの相性や食感を考えつくしたパスタメニューは、定番で7種類、季節メニューで6〜7種類が並ぶ。

ワインの充実ぶりも見逃せない。

イタリア各州で約80種類が揃っている。

これらのワインとともに料理を楽しむお客さまも多く、客単価は1万円前後で推移する。


ボローニャ出身、「ラ・ビスボッチャ」(広尾)などを経てシェフに就任したパオロ・マッツィーニさん。生き生きとした接客が印象的なソムリエールの岡田周子さん。彼女とのやりとりを楽しみにするお客さまも多い。 


スモーキーな香りが食欲をそそる「仔羊骨付きロースの炭火焼き」。トマトの甘さをしっかりと引き出したカポナータを添える。ワインはカシーナ・グラモレーレの「バローロ」。よく熟したネッビオーロの豊かな果実味が口中に心地よく広がる。


イタリア直輸入の調度品やタイル、ガラスを使った店内。 


バローロ(カシーナ・グラモレーレ)
AOC等:DOCG バローロ
色:赤 容量:750ml
種類:スティルワイン
希望小売価格:3,980円(税抜)
品種:ネッビオーロ100%

田中克幸=テイスティンク


店舗情報
LEONE MARCIANO(レオーネ マルチアーノ)
横浜市西区みなとみらい4-6-2 グランドセントラル1階
TEL 045-232-4080

Posted in お客様訪問リポート | Tagged |