カラヴァリオ
Az Ag Caravaglio Antonino

1992年創業。当時よりオーガニック農法を導入。オーナーは一家の大黒柱で、いつも穏やかな笑みを眼もとに浮かべた物静かなアントニーノ。しっかり者の奥さんエリザとお父さんにべったりの甘えん坊の娘アルダちゃん(2003年生まれ) の3 人家族でサリーナ島のマルファ村に住んでいます。 ■サリーナ島について ~映画「イル ポスティーノ」の舞台~ サリーナ島はシチリアの北に浮かぶエオリア諸島の中心に位置し、周囲27km、人口約1500人の小さな島。水はフェリーで、電気も海底ケーブルでシチリアから運んできています。海底火山が海上に隆起した完全なる火山性の土壌で、二つの火山(標高860mのポッリ山と標高962mのフォッサ・デッレ・フェルチ山)で 構成されています。 島はケッパーの産地として、また映画「イル・ポスティーノ」の撮影舞台でも知られています。(映画ではプロチーダ島の設定ですが実はサリーナ島で撮影されました。 ■畑について 畑はサリーナ島とリーパリ島に持っています(エオリア諸島のどの島の葡萄で造られても、ワインはIGTサリーナになります) 。オーガニック農法でサリーナの畑は春の花々が咲き乱れてまるで花畑のようでした。土を潰さないキャタピラー型の小型トラクターと鍬による人力の鋤込で畝を起こし除草します。海からの水分を含んだ重たい風が常に低く畑に吹いているため、畑は両島とも無灌漑農法。 サリーナ島の土壌は赤みがかった茶色で小石大の火山岩が散らばっています。リーパリ島の土壌は軽石と火山灰。しかもごくごく軽いふわふわの灰のためフィロキセラの害を免れることができました。コリントネロは樹齢200~300年の葡萄から根分けされた自根のブドウです。三方を山に囲まれた畑は外地から完全に遮断されており、畑には凝灰岩やときおり黒曜石なども見られます。

カラヴァリオ サリーナ ビアンコ2019
原産地呼称等:IGT サリーナ|色:白 容量:750ml|種類:スティルワイン|希望小売価格:2,480円(税抜)|品種:マルヴァシア・デッラリーパリ100% |JAN:8057741440024

映画「イル・ポスティーノ」の舞台となった「サリーナ島」で造られます。この島はワイン生産者がたったの5軒のみになります。その為造られるワインはとても貴重です。

カラヴァリオ インファタータ2019
原産地呼称等:IGT サリーナ|色:白 容量:750ml|種類:スティルワイン|希望小売価格:3,300円(税抜)|品種:マルヴァシア・デッラリーパリ100% |JAN:8057741440192

カラヴァリオの最高区画。サリーナ島北側の海に面したテラス状の急斜面畑 Tricoriで収穫したマルヴァジアデッラリーパリを3?4日間の醸し発酵で仕込みます。

カラヴァリオ マルヴァシア デッラ リーパリ パッシート2014
原産地呼称等:IGT サリーナ|色:白 容量:500ml|種類:スティルワイン|希望小売価格:4,800円(税抜)|品種:マルヴァシア・デッラリーパリ95% コリントネロ5% |JAN:8057741440017

マルヴァシア種で造られるエオリアの甘口ワインは、19世紀前半まではヨーロッパの皇族達が楽しむワインでした。葡萄は地中海の日差しの下で約20日乾燥させ、野生酵母で樽とステンレスタンクで熟成させます。

カラヴァリオ サリーナ ロッソ2019
原産地呼称等:IGT サリーナ|色:赤 容量:750ml|種類:スティルワイン|希望小売価格:2,480円(税抜)|品種:ネロ・ダーヴォラ50% コリントネロ50% |JAN:8057741440031

ネロ・ダーヴォラ種と土着品種のコリントネロ種を合わせた赤ワイン。チャーミングな赤い花を思わせる香り、トマトを思わせる酸味がワインにエレガンスさを与えます。

カラヴァリオ ネロ デゥ ムンチ コリントネロ IGTサリーナ2019
原産地呼称等:IGT サリーナ|色:赤 容量:750ml|種類:スティルワイン|希望小売価格:3,500円(税抜)|品種:コリントネロ100% |JAN:8057741440062

コリントネロ種は、ミルランダージュ(結実不良)を起こしている場合が多く、栽培が難しいために世界でもリーパリ島でのみの生産という超希少種です。栽培面積は2.5ha。平均樹齢は50年になります。