シャトー・クープ・ローズ
Chateau Coupe Roses

シャトー・クープ・ローズは400年以上前に創業。1975年に村で最初に自社詰めを始めた歴史あるドメーヌです。現在は、フランソワーズ・フリッサン氏の息子のマティアス氏と娘のサラ氏がメインでワイン造りを行っています。シャトーのあるラ・コネットの町は、ミネルヴォワの中でも、非常に高度の高い250m~450mの高地にあります。シャトー・クープ・ローズの畑の総栽培面積は47ha(2019年現在)。また、畑の中央には古代ローマ人(ROMAIN)や西ゴート族(WISIGOTH)が使用した街道跡が残っており、多くの遺跡も発掘されます。 オーナーのパスカル氏はロワールのトゥーレーヌ出身で、名門モンペリエ大学にて醸造学を勉強しました。また、ジュラにてワイン造りを経験しています。2017年に引退し現在は隠居生活を満喫しています。奥さんのフランソワーズさんは、モンペリエ大学にて農業工学を専行、その後ENITIAAにて、農業における工業学を専攻しました。 ENITIAA卒業後は再びモンペリエ大学にもどり、商学部にてマーケティングを勉強しました。現在は息子のマティアス氏・娘のサラ氏も加わり、親子で力を合わせてワイン造りに励んでいます。マティアス氏は栽培・醸造責任者、サラ氏は醸造および経営に携わってます。 クープローズの考えは「ワインは畑で造られる」ということ。90年代半ばにはオーガニック認証を取得。ワインはますます繊細で綺麗な果実と酸の引き締まった味わいになりました。

Ch クープローズ シャン デュ ロワ2019
原産地呼称等:AOC ミネルヴォワ|色:白 容量:750ml|種類:スティルワイン|希望小売価格:1,890円(税抜)|品種:グルナッシュ・ブラン60% ミュスカ・ブラン・ア・プティ・グラン40% |JAN:3496650000021

標高450mで栽培された南仏の地場葡萄グルナッシュ・ブランと香り高いミュスカ・ブラン・ア・プティ・グランを使用。葡萄はクープローズ粘土質と呼ばれる、マンガンを多く含み紫色を帯びた土壌で栽培されています

Ch クープローズ ヴィオニエ ド クープローズ2018
原産地呼称等:ヴァン ド フランス|色:白 容量:750ml|種類:スティルワイン|希望小売価格:2,900円(税抜)|品種:ヴィオニエ100% |JAN:3496650000090

畑は標高300mの北西向き斜面。土壌は粘土石灰質で、この地で「クープローズ」と呼ばれるピンク色をした粘土も含まれます。収穫は手摘み。少々のオリと一緒にステンレスタンクで3か月熟成します。

Ch クープローズ フレミヤン ロゼ2018
原産地呼称等:AOC ミネルヴォワ|色:ロゼ 容量:750ml|種類:スティルワイン|希望小売価格:2,100円(税抜)|品種:ムールヴェードル40% グルナッシュ25% サンソー25% シラー10% |JAN:3496650000038

グルナッシュ、シラーは醸しを行い色素を抽出、サンソー、ムールヴェードルはプレスされます。グルナッシュ、シラーにるよるしっかりとした骨格と、ムールヴェードルの果実味が程よく調和したワインです。

Ch クープローズ キュヴェ ラ バスティード2018
原産地呼称等:AOC ミネルヴォワ|色:赤 容量:750ml|種類:スティルワイン|希望小売価格:1,890円(税抜)|品種:グルナッシュ50% カリニャン50% |JAN:3496650000045

バラやスミレのようなフローラルなニュアンスとタイムやローズマリー等のハーブの香りが調和した、染み入るようなエレガントな味わいです。ステンレスタンクで12ヶ月熟成。

Ch クープローズ キュヴェ グラナクサ2014
原産地呼称等:AOC ミネルヴォワ|色:赤 容量:750ml|種類:スティルワイン|希望小売価格:3,300円(税抜)|品種:グルナッシュ90% シラー10% |JAN:3496650000083

石灰岩に覆われた真っ白な畑はクープローズの象徴的存在。南フランスらしいガリーグ(自生ハーブ)の森に囲まれ、ハーブのニュアンスもワインに感じられます。収穫量は35hl/haと低く抑えられています。

Ch クープローズ キュヴェ オリエンス2015
原産地呼称等:AOC ミネルヴォワ|色:赤 容量:750ml|種類:スティルワイン|希望小売価格:3,690円(税抜)|品種:シラー90% グルナッシュ10% |JAN:3496650000076

生物多様性(バイオダイバーシティ)の考え方のもと、畑は有機栽培を実践。シラー種をメインに使用した、このワイナリーのトップキュヴェになります。