アルトマーニャ・チャコリーナ
Artomana Txakolina

スペイン北部ビルバオの南にある人口約100人のアルトマーナ村にあるワイナリー。エノロゴでありワイナリーの代表はマリアーノ氏。大学で醸造学を学び、幾つかワイナリーを経験の後、このアルトマーナ村にワイナリーを起しました。2010年から現在のワイナリーとして本格始動。栽培面積は25ヘクタール。すべての畑はワイナリーの周りにあります。このワイナリーが造るワインはエウケニ・チャコリの1種類のみです。 地元、バスクのレストランを中心に普段から親しまれているワインを造っています。 スペイン北部・バスクの白ワインを産するチャコリのDOは、チャコリ・デ・ビスカイヤ、チャコリ・デ・ゲタリア、チャコリ・デ・アラバの3地域に分かれます。アルトマーニャ・チャコリーナは山間のチャコリ・デ・アラバの南部にあります。 基本的に醸造はマリアーノ氏一人で行っており、セラーは常に清潔に保っています。栽培面積は25ha。葡萄樹は1990年から1995年に植樹。株密度は3,000本/ha。10,000kg/ha。

アルトマーニャ チャコリーナ エウケニ チャコリ2017
原産地呼称等:DO チャコリ デ アラヴァ|色:白 容量:750ml|種類:スティルワイン|希望小売価格:2,170円(税抜)|品種:オンダラビ・スリ70% プティ・マンサン10% グロ・マンサン10% プティ・クリュブ10% |JAN:8437002375034

独自の文化、言語、思想を持つバスク。そのバスク人が愛するワイン、チャコリです。オンダラビ・スリという独自の地場品種主体で造られる白ワイン。畑は3つのDOのうち山側のチャコリ・デ・アラバの南に位置します