アジェンダ・アグリコラ・アルモーザ
Azienda Agricola Armosa

2002年にエノログのミケーレ モルグ氏が創業。所有面積は6ha。ロケーションはシチリア ラグーザ県の南部シクリ(Scicli)に位置します。アルモーザの畑があるシクリ村の海岸線では今から2000年以上前から、ブドウ栽培が行われいました。ミケーレのワイン造りの目的はシチリアの伝統品種であるネロダーヴォラを用いてシクリのトゥファ(「石灰華」、炭酸カルシウムの塊状沈殿物)と、石灰、砂のテロワールをあぶり出すことにあります。所有面積は6ha。畑は2012年より有機認証。

アジェンダ アグリコラ アルモーザ シクリス2010
原産地呼称等:IGT シチリア|色:赤 容量:750ml|種類:スティルワイン|希望小売価格:3,490円(税抜)|品種:ネロ・ダーヴォラ100%

海側にあるほぼ海抜0mの2面の畑と山側にある標高350mの3面の畑のブレンド。野生酵母で発酵。果皮浸漬は約25日。フレンチオークにて12ヶ月の熟成。収穫から30カ月以上を経て無ろ過にて瓶詰。

アジェンダ アグリコラ アルモーザ クールマ2011
原産地呼称等:IGT シチリア|色:赤 容量:750ml|種類:スティルワイン|希望小売価格:4,800円(税抜)|品種:ネロ・ダーヴォラ100%

シクリ村のグラン・クリュともいえる単一畑、クールマで造られます。クールマは海抜0mの水際の畑で地表50cmが砂、その下がトゥファ(石灰華)と他にない構成。このテロワールを炙り出すために造られるワイン。