ドメーヌ・ミシェル・コルボワ
Domaine Michel Colbois

ドメーヌはエドモンド・コルボワ氏とイヴォンヌ夫人により20世紀の初めにシトリーに作られ、現在では3代目にあたるミシェル・コルボワ氏が当主となりワイン造りを行っています。ミシェル氏が1970年にドメーヌで働き始めたころは、2ヘクタールのみの畑でしたが、現在では、ACブルゴーニュ・シトリーに(約8.70ha)、ACブルゴーニュ・アリゴテに(約4.60ha)、シャブリに(約5.60ha)、シャブリ1erCruに(1.10ha)と合計20haの畑を保有しています。シトリーはシャブリの南西10kmにある生産地。総ヘクタール数は100haほどで、日本ではあまり知られていないエリアですが、1993年に”Bourgogne Chitry”がAOCとして認められました。 ジュラ紀の石灰質を多く含む粘土石灰質土壌は、ミネラル分を豊富に含み、豊かな果実感のあるシャルドネ種や、フルーティーで心地よいワインに仕上がるピノノワール種が栽培されています。ミシェル・コルボワでは自然環境に配慮し、必要最低限のトリートメントを行う減農薬農法により葡萄の栽培をおこなっています。

ドメーヌ ミシェル コルボワ シトリー レ ダーム ピノ ノワール2014
原産地呼称等:AOC ブルゴーニュ シトリー|色:赤 容量:750ml|種類:スティルワイン|希望小売価格:2,970円(税抜)|品種:ピノ・ノワール100%

フランスのピノ・ノワール北限地ともいえるエリア、シトリーで栽培された葡萄を使用。ステンレスタンクにより発酵が行われ、北の葡萄ならではの清涼感と十分な果実感が味わえるワインです。