モンテ・ディ・ロアリ
Monte dei Roari

ワイナリーは19世紀後半にガルダ湖の南約8kmのモンテ・ママオル(Monte Mamaor)で始まりました。現在はオーナーのステファノ氏とビオテクノロジーを学んだ妻のアレシア氏が二人三脚で畑仕事と醸造に取り組んでいます。モンテ・ママオルはガルダ湖から続く氷河由来のモレーンと呼ばれる土壌の「最後の丘」にあたります。氷河が押し出したガルダ湖から続く土は標高192mのこの丘でせき止められました。畑にはモレーン土壌特有の様々な丸い石がゴロゴロと転がっています。所有面積はモンテ・ママオルの樫林を含む合計14ヘクタールで、その内葡萄畑は10haです。樫林を維持することで畑の自然な生態系を守っています。ビオディナミ農法を採用しており、畝間には菜の花やそら豆の他に計14種類もの草花を植えて、それを鋤き込むことにより肥料にしますが、様々な生き物が共生できる環境造りの為に、一畝おきにその草花を残します。防除には硫黄と銅のみを使用します。1haあたりの平均収量は約56hl。収穫は全て手摘みで行い、野生酵母で発酵を行います。酸化防止剤は瓶詰時に少量添加するのみで無濾過で瓶詰を行います。

モンテ ディ ロアリ ビアンコ ディ クストーザ DOC2019
原産地呼称等:DOC ビアンコ ディ クストーザ|色:白 容量:750ml|種類:スティルワイン|希望小売価格:1,890円(税抜)|品種:トレッビアーノ・トスカーノ40% ガルガーネガ30% トレッビアネッロ20% マルヴァジア10%

チューリップ型セメントタンクで発酵させたガルガネーガ、トレッビアーノ、トレッビアネッロとアンフォラで発酵させたマルヴァジアをセメントタンクにて4ヶ月間シュールリー熟成後、無濾過にて瓶詰しました。

モンテ ディ ロアリ バルドリーノ DOC キアレット2018
原産地呼称等:DOC バルドリーノ キアレット|色:ロゼ 容量:750ml|種類:スティルワイン|希望小売価格:1,890円(税抜)|品種:コルヴィーナ50% ロンディネッラ35% ロッサネッラ15%

コルヴィーナとロンディネッラは1~2日浸漬後セニエで抜き出した分をセメントタンクで発酵。ロッサネッラはアンフォラで皮と共に発酵を行い、セメントタンクで約4ヶ月熟成後無濾過で瓶詰を行います。

モンテ ディ ロアリ バルドリーノ DOC レボイ2018
原産地呼称等:DOC バルドリーノ|色:赤 容量:750ml|種類:スティルワイン|希望小売価格:1,890円(税抜)|品種:コルヴィーナ70% ロンディネッラ30%

レボイとは再発酵のこと。通常に収穫しプレスしたもろみにロゼ用に抽出したセニエの残りをブレンドして一次発酵を行い、その後1ヶ月陰干ししたコルヴィーナをプレスしてタンクに追加して2次発酵を行います。