ドメーヌ・ジョラン・プレザンタン
Domaine Jaulin Plaisantin

セバスチャン・ジョラン氏とイヴ・プレザンタン氏が出会ったことで2011年にスタートしたドメーヌ。 シノンエリアに15haのカベルネ・フランの畑を持ち、2015年にオーガニック認証を取得しています。(一部オーガニック転換中) セバスチャン氏は20年ほど前から既に畑を所有しており、ネゴシアン向けにワイン造りをしていましたが、新しいことをしたいと考えていました。そんな時に出会ったのがイヴ氏。 イヴ氏はローヌで葡萄栽培を学び、その後はアメリカでワイン造りに関わった後、ロワールでワイン造りをするプロジェクトを探していました。 彼らのワイン造りはいたってシンプル。 葡萄は手摘みで除梗をし、野生酵母で自然発酵。マセレーションは2~4週間で、その間必要最低限の介入しかしません。熟成はセメントタンクかバリックをテロワールに合わせて使用しています。 また、彼らの畑にはLe Dolmen(ル・ドルメン)というフランスでもブルターニュ地方でよく見られる新石器時代のストーンヘンジのような石の建造物があり、ワインの名前にもなっています。

ドメーヌ ジョラン プレザンタン シノン ル ドルメン2016
原産地呼称等:AOC シノン|色:赤 容量:750ml|種類:スティルワイン|希望小売価格:2,450円(税抜)|品種:カベルネ・フラン100%

2016年は自社畑の葡萄が霜の被害を受け、知人の葡萄で仕込み。(ビオロジック転換中の畑の葡萄を使用。)セメントタンクで6ヶ月わずかなオリと熟成。軽くフィルタリングして春に瓶詰めしています。

ドメーヌ ジョラン プレザンタン シノン レ オー エ レ バ2015
原産地呼称等:AOC シノン|色:赤 容量:750ml|種類:スティルワイン|希望小売価格:2,800円(税抜)|品種:カベルネ・フラン100%

葡萄はすべて手摘み。砂利質の土壌とシレックスが混ざった粘土質土壌の葡萄を使用。自然醗酵を行い、セメントタンクと古樽で1年熟成したものをブレンドし、6ヶ月さらにタンクで熟成。ノンフィルター。