テヌーテ・ダウリア
Tenute Dauria

イタリア南部のバジリカータ、ヴルトゥレ山の東側山麓の街ラポッラにあるワイナリーが、このテヌーテ・ダウリアです。当主は、2代目にあたるサラ氏。夫であるアントニオ氏と二人三脚でワインの生産をしています。畑は約10ha。ヴルトゥレ山の東側、標高400~500m付近の斜面に広がっています。火山性土壌の畑は、かつてヴルトゥレ山が噴火したことによるカルシウムと鉄分を多く含んでいます。栽培品種は、マルヴァジア・ビアンカ・ディ・バジリカータや、アリアニコ、フィアーノなどの土着品種にこだわっています。マルヴァジアの珍しい微発泡白ワインは、アロマと酸味が特徴。また、葡萄だけでなくオリーブの栽培にも力を入れており、自慢のオリーブオイルもその高いクオリティで好評です。

テヌーテ ダウリア クエルチア ディ アニバーレ ビアンコ バジリカータ IGT2018
原産地呼称等:IGT バジリカータ|色:白 容量:750ml|種類:スティルワイン|希望小売価格:1,780円(税抜)|品種:マルヴァジア80% フィアーノ20% |JAN:8051772440084

大人のレモンティーと表現したくなるほど紅茶のような香りが特徴の白ワイン。元はワイナリーの自家用ワインで飲まれていたものを分けてもらうことができました。