タシュナー
Taschner

家族経営のタシュナーがあるのはハンガリーとオーストリアの国境付近のショプロン。ハンガリー最古といわれる長い歴史に支えられた銘醸地です。タシュナーの創業は1804年。それ以来200年以上続くワイナリーです。オーナーはクルト氏で、お父さんと2人で力を合わせてワイナリーを切り盛りしています。クルト氏がワイナリーを引き継いだのは1994年でした。それ以来、国内市場が対象だったものを世界を相手に経営を広げてきました。2004年にはワイナリーをリノベーションし、伝統の技に最新技術を取り入れたワイン造りを開始しています。 所有する畑は30haで、ショプロンのなかでも生産者としての規模が大きいほうです。標高200~300mの斜面にある畑の土壌は石灰が多い粘土質。平均樹齢は10~20年で、人間の手を加えることを極力抑えるよう減農薬農法を実践しています。 栽培品種で一番多いものは、白ブドウ品種のイルサイ・オリヴェール種。すっきりとした酸味とマスカットのような華やかな甘い香りで地元では好まれています。他にもケークフランコシュ種やゼニット種も栽培し、国際品種も手掛けています。

タシュナー イルシャイ オリヴェール2019
原産地呼称等:ショプロン|色:白 容量:750ml|種類:スティルワイン|希望小売価格:1,580円(税抜)|品種:イルシャイ・オリヴェール100% |JAN:5998385500114

地元で親しまれる華やかな香りが特徴の辛口仕立ての白ワイン。畑は石灰分の多い粘土質土壌。樹齢は10~20年。発酵・熟成共にステンレスタンク。